不摂生しやすい環境にある若者たち

男性の勃起不全、つまりEDで悩む人が、近年増えている傾向にあるようですが、その理由はちょっと気にならないでしょうか。

普通勃起不全とは男性の年齢を重ねることによって自然な肉体的衰えによるものだと考えられていましたが、それは必ずしも中高年男性の問題だけにはとどまらなくなってきているようなのです。

年齢にかかわらず生活が不摂生だと、当然男性器の健康にも少なくない影響が及ぼされると考えられますので、最近では実は生活が不規則な若者の間でもしばしばEDに似た症状がみられるようなのです。

若者も現代生活に慣れきって不摂生しやすい環境にあるだけでなく、この不景気で上の世代を支えていかなければならないプレッシャーをはじめとして多大なストレスにさらされていますから、それもEDを招いていると考えられます。

少子高齢化が叫ばれている中でさらにEDに悩む男性が若い世代でも増えているとなると、これは深刻ではないでしょうか。